自動販売機の設置で地域に貢献【収入UPもあり得る副業】

導入してみる

案内

自動販売機オーナーになるためには

自動販売機で売っている品物といえば、代表的なものは飲料ですが昨今ではインスタント食品からアイスクリーム、おにぎりなどの軽食を取り扱う自動販売機が増えています。自動販売機を設置する方法といえば、大きく分けて2種類の設置方法があります。空きスペースを提供し電気代を負担するオーナーと補充や保守、メンテナンスを行うオーナーとに分かれます。前者では、メーカーが集金から補充までを行い契約にもよりますが、10%から20%の収益が見込まれます。後者においては、仕入れや補充もオーナーの技量で行うため手間はかかりますが、安く仕入れることができればその差額分は収益となります。立地条件や集客状況によってご検討されてみると良いでしょう。

立地とメンテナンスによって変わる自販機

自動販売機を設置するにあたって、電気代は気になるところです。北海道であれば飲料自動販売機を設置した場合、夏はクール販売が主流ですが冬はホット販売に切り替える必要があります。このように時期や売る商品によって電気代は変動します。あくまでも一般的な話ですが、1か月の電気代は5000円から10000円が経費としてかかると言われています。1本100円で仕入れした飲料を1本130円で販売する場合、おおよそ167本販売する必要があります。コーヒー飲料においては、小売店の販売数よりも自動販売機での販売量が上回っていると言われていますので、ターゲット層を絞れれば期待が持てる商売です。自動販売機を設置するにおいて、立地条件や集客率、電気代などをリサーチした上で行ってみると良いでしょう。